「数奇にして模型」を読んだ

数奇にして模型 (講談社ノベルス)

数奇にして模型 (講談社ノベルス)

久し振りの森博嗣著書。今回も楽しく読んだけど、理屈で説明できない要素を押し出していたので、すっきりする感じではなかった。S&Mシリーズについて少しWikipediaを読んでみたら、次がシリーズ最後のようなので気を引き締めて次を読みたいと思う。
本書とは全く関係のない話。今ではこうしてブログに感想を書いているけれども、小学生の頃、映画鑑賞や読書の結果として感想文を書かせられるのがとても嫌いだった。みんなとにかく好意的なことしか書かないから、素直な意見を書くだけで浮く存在になる環境的恐怖があったためだと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。