ワンセグ携帯に機種変更

KDDI au: 製品ラインアップ > Woooケータイ W53H
知らなかったけれども、最近のauではフルサポートコースという2年間の継続利用が基本みたい。
auの新プランで主流になると思われる「フルサポートコース」を徹底的にチェック! – 日経トレンディネット
基本と書いたのは、販売店の価格表示が全てフルサポートコース前提で記載されているため。フルサポートコースに入らないなら2万円くらい高くなります、と言われる。
2年という期間は自分にとってはかなり長い期間なのでどうしたものかと思って、結局、最近の機種に変更することにしてしまった。まんまと罠に嵌った感じ。
期間の縛りだけでなく、なんだか複数のオプションに強制加入させられる。でも、店員は「明日だけつけてもらえれば良いですので、必要なければすぐに解約してください」などと言う。真意の程は良くわからないけれども、恐らく解約することになるだろう。
とはいえ、今まで1円で機種変更できるとかはかなり不自然だったし(端末レンタルでもないのに)、電話を購入するという見方では自然になってきた感じもする。

2件のコメント

  1. 国際的には、このシステムが主流なんで、今までの日本の携帯の料金体系が異質だったんですよね。
    ちなみに私は、ドコモのP905i、こちらはVIERAケータイ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。