新居昭乃のライブに行ってきた

先日申し込んだ新居昭乃のライブへ行ってきた。やっぱり生はいいなぁ。MCはラジオと同じノリでゆったりかわいいキャラクタだった。
セットリストは最近の曲が多かったけれど、VOICESの弾き語りが聴けたのはとても満足。音程確認せずに最初が歌えるんだから、やっぱり絶対音感あるんだろうなと思う。うらやましい。
後半を盛り上げたWANNA BE AN ANGELとかは傑作。デジタルな伴奏は結構ベースも効いていてノリノリな感じだったけれど、上に乗ってるバイオリンとかチェロとかピアノとかが生なので心地良い。
映像の演出も素敵だった。東京国際フォーラムの設備と言ってしまえばそれまでだけど、前にステージが透けるスクリーンを降ろして、様々な映像を投影していたのが、幻想的だった。
あと、生でみて改めて感じたけれど、新居昭乃の歌は歌うのが難しそう。菅野よう子の作曲した曲もそうだけれど、音程変化が激しかったり、臨時記号付くような音符が出てくるから、音程が取りづらそうに伺えた。特に高い音程の裏声と地声が行き来するところとかは難しいと思う。
何にせよ、素敵なライブだったので、時間が合えばまた行きたいところ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。