ポール・ギルバートモデル

メインのCaparisonギターの弦を張り替えるついでに、ポール・ギルバートモデルのギターにも久しぶりに弦を張ってみた。

チューニングしようとしたらチューナーが無反応だったけれど、多分セレクタあたりだろうと当たりがついたので、その場凌ぎの接点復活剤を吹きつける。

Ibanezのギターはネックが薄い。本当に薄い。今はもう弾きにくく感じてしまうけれど、ギターの上達に大いに貢献してくれたギターだからかなり愛着がある。
それにしても、Caparisonギターに慣れてきたせいで、どうも24フレットが短く感じる。普段、27フレットあるからなぁ。

2件のコメント

  1. そうそうそうそうそう!!ポールといえばfホールだよね!!

  2. ポール以外の人間が持ってもなかなか似合わないギターです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。