「その仕事、全部やめてみよう」を読んだ

その仕事、全部やめてみよう――1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」

その仕事、全部やめてみよう――1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」を読んだ。

著者の小野 和俊さんは僕にとっては昔からの有名人で、徹夜をしてはいけない理由 : 小野和俊のブログが2005年の記事だからもう随分と昔から知っている。

目の前に起きたことを面白い着眼点で分類したりまとめたりするのが上手でブログはずっと好きだったし、僕が最初に頑張った言語がJavaだったのでJavaの人という点でも勝手に親近感を持っていた。

「ブログが好きだった」と過去形なのはlivedoor Readerが終わってからブログ系全般を追えなくなってしまったというだけで、嫌いになったわけではない。今ブログを確認してみたら最近はそれほど更新されていないみたいだった。

さて、本書。たくさんの教訓や示唆に富んでおり…といった感想もあるけれど、読み終えたときの素直な感想としては映画を観たあとのそれに近い。

様々な現場での発見、そこで起きたドラマ、何を得たのか、失敗したのか成功したのか、こういった話が目まぐるしく展開する。

小さなストーリーの連続がベンチャーと大企業を繋ぐ大きなストーリーになっており、それがこの時代を生き抜いた大きな物語のように感じられる。

本書では「人」に注目した項が多くあり興味深い。なぜそう考えてしまうのか、なぜそのように行動してしまうのか、なぜコミュニケーションがうまくいかないのか。経営者もチームメンバーも皆人であるのだから根源的な本質は人そのものに帰結する。そこを土台に方法論を組み立てていく。

事業を成功させるための戦い方、チームを成長させるための秘訣、ベンチャーと大企業の違い・それぞれの良さや共存方法、など小野さんじゃないと書けなかったであろう内容がびっしり詰まっている。どんな立場の人が読んでも学びが多いと思う。超おすすめ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。