志賀高原ビールと南信州ビールを飲んでみた感想

id:n0tsさんに志賀高原ビールを退職祝いにと頂きました。なんと専用グラスまで付いておりました。これは堪りませんね。
志賀高原ビール Miyama Blonde
志賀高原ビール Miyama Blonde posted by (C)cloned
注ぎきってもボトル一杯にならないのはご愛嬌。
サイト上ではアルコール度数7.00%と表記されているけれど、ボトルの表記は6.5%。ときによって違うのかもしれない。さて、飲んだ感想の前にラベルの解説が良い感じだったので引用。

蔵元のある志賀高原の麓で、蔵人達自らが自家栽培した酒造好適米美山錦と、厳選した麦芽・ホップを用い、志賀高原の湧水で手作りした黄金色のストロングエールです。味わい豊でありながらも、すっきりとした飲み口をどうぞお楽しみください。

飲んだ瞬間、苦みは穏やかですっきりしながらも薄い感じは全くない。味は個性的で地ビールならではという感じ。しばらく飲んでいると口に苦みが残るので実際は結構苦いのかもしれない。そこそこ尖った味なのでバランスが良い感じではなかったけど、ビールとしての選択肢の幅を感じさせてくれる。
お次は南信州ビールの駒ヶ岳エール。これもid:n0tsが絶賛してたので買ってみた。
南信州ビール 駒ヶ岳エール
南信州ビール 駒ヶ岳エール posted by (C)cloned
こちらは非常にバランスが良く、ふんわりしたやさしい味なのにしっかりしていてフルーツっぽくない甘さがじっくり感じられる。とても良い仕上がりだなと感じた。この駒ヶ岳エールは季節限定ビールということで5月・6月しか販売していないみたい。11月・12月の季節限定ビールになっているクリスマスエールが気になるのでその次期が来たら買おうと思う。
豆鼓蒸鱈魚
豆鼓蒸鱈魚 posted by (C)cloned
ちなみに上のビールのお供は奥さんが作った豆鼓蒸鱈魚。中華は美味しい!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。