「家でも店でも極上のビールを飲もう!」を読んだ

くまなく全て読んだわけではないけれども、興味のあるところは大体目を通した。家で飲めるビールの紹介と、それを取り扱っているお店の紹介が交互にあって、興味深い。
それにしても、東京にはどれだけのビアバーがあるのだろう。一般的に東京(都心)は便利だと言われるけれども、これだけ大量のビアバーがあるだけでも東京に居る価値はあるかもしれない。
行ったことのないお店で気になったところをピックアップ。
まずはTHE FooTNik。「共通言語はビールとサッカー 国籍を超えて人々が出会う場所」というキャッチに惹かれた。自分はサッカーが全くわからないのだけど、ビールにプラスして趣向を持っているのは素敵に思う。場所も恵比寿なので行きやすそう。
次にThe Cat & Cask Tavern。店内の写真からしても落ち着いてゆったりしたPUBで英国の雰囲気が味わえそう。日本のクラフトビールもラインナップにあるので、なかなか楽しめそう。池袋から地下鉄で1駅とのことなので、池袋で飲むときには立ち寄りたい。
そして何より行かないとと思っているのは、麦酒倶楽部 POPEYE。国産クラフトビールでは非常に有名で、70種類もの樽生をおいている。昨日はうしとらタモリ倶楽部が流れていたのだけど、そこでも紹介されていた。
美味しいビールがあると本当に楽しい。ビールばかり飲んでいるとお腹が出たり太ったりするというのは都市伝説なので(体を張って証明しているつもり)、みんな楽しく美味しいビールを飲みましょう。

2件のコメント

  1. この本、前から気になってたけどまだ買ってないんですよね。
    ビール好きとしては1冊持っていた方がいいのかな。

    週末のタモリ倶楽部は見ていました。あのうるさいオジさんのいる
    お店がPOPEYEなんですね。実物も一度見てみたいですねww

  2. マイケルさんのお店紹介や記事もありますので、ぜひご一読ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。