家でステーキ

値段の割に良い肉が売っていたので、ステーキを焼いてみることにした。
DSCF2206
DSCF2206 posted by (C)cloned
実家で父親がやっていたのを思い出しながら、まずは塩と胡椒を両面にかける。塩は食卓塩ではなく粗塩。
DSCF2207
DSCF2207 posted by (C)cloned
焼き加減は外がカリっとして中がとろりとした状態を目指してみた。ただ、後で食べてみてわかったけれども、もう少し強火にしないとだめだった気がする。カリっとの部分が不十分だった。いつも父親がやっているようにそのまま包丁であつあつのうちに切ってお皿に盛りつける。
DSCF2208
DSCF2208 posted by (C)cloned
皿に盛ったらこんな感じ。まぁまぁの焼き加減。
DSCF2209
DSCF2209 posted by (C)cloned
醤油でいただいた。おいしい。反省は焼き加減と、買ってきた粗塩がかなりさらさらしていてうまくかけることができなかった。結果、少々塩の味がきつすぎた。あと、最大の反省点は、写真を撮っていたら食べるときに冷めていた。今度から気をつけよう。

ちなみに、昨日の夕飯はキノコ鍋にしてみた。
DSCF2189
DSCF2189 posted by (C)cloned
水炊きのキノコ具バージョン。鍋には水に昆布だけいれている。野菜がないのも寂しいから菊菜(全国的には春菊と言うのかな)を買ってきた。
DSCF2201
DSCF2201 posted by (C)cloned
一人で鍋やると量が問題。半分サイズのお豆腐とかないのかなぁ。ポン酢でおいしくいただいた。
DSCF2198
DSCF2198 posted by (C)cloned
ギネスのグラスを持っていないのでニュートンのグラスを代用。それにしてもきれいな泡だ。
DSCF2190
DSCF2190 posted by (C)cloned

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。