「幻惑の死と使途」を読んだ

読んで感じたこと。現象を正しくとらえることと、それを解釈して理解することは別のこと。切り口をかえるだけで不思議なことが不思議でなくなる。
素敵なイリュージョンでした。

幻惑の死と使途 (講談社ノベルス)

幻惑の死と使途 (講談社ノベルス)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。