Xtalを触ってみた

id:xtalcoさんが作るプログラミング言語Xtalを触ってみようと思っていたのに、結局新年が明けてしまったので、良い加減に触ってみた。
xtal-language – Google Code
最初に「xg sample game」をダウンロードして実行してみると興味が湧くかなという感じ。ゲーム用途の開発を想定している言語、というのが一つの特徴。あと、C++に組み込むための言語というのも大きな特徴。
自分はゲームをプログラミングしたことがないし、言語的にもCよりもJavaな人間なので、どうなのだろうかと期待と不安でマニュアルを読みながら基本的なことを書いてみては実行をしてみた。
自分の素人目にはなるけれども、感想としては実用性を重視している感じ。スクリプト言語と睨んでこれなら書けるでしょうと思う記述で大体いけるので、C言語だと億劫な部分はちゃんと吸収してくれるような印象。あととても簡明。スコープはすごく解りやすいし、関数とメソッドの違いなどのややこしそうなポイントもちゃんとマニュアルで明確に説明があるのでちゃんと理解できる。
Web系だとスクリプト言語の方が優位だと思うけれども、それ以外のことだとまだまだC/C++は十二分に健在だと思うし、その上でこうした言語を利用できるの非常に有難いことだと思う。
時間を見つけてもっと触ってみようと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。