FedoraCore5 PHP5をインストール

MySQL 5.0 インストールにてMySQLがインストールされていることが前提のPHP5インストール。ついでにApacheのインストールも貼っておくと。尚、/usr/local/srcに対する権限が必須。
Apache 2.2.2

$ cd ~/download
$ wget http://sunsite.tus.ac.jp/pub/apache/httpd/httpd-2.2.2.tar.gz
$ cp httpd-2.2.2.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf httpd-2.2.2.tar.gz
$ cd httpd-2.2.2
$ ./configure --enable-shared=yes
$ make
$ sudo make install

libxml2 2.6.26

$ cd ~/download
$ wget ftp://xmlsoft.org/libxml2/libxml2-2.6.26.tar.gz
$ cp libxml2-2.6.26.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf libxml2-2.6.26.tar.gz
$ cd libxml2-2.6.26
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

PHP 5.1.4

$ cd ~/download
$ wget http://jp.php.net/distributions/php-5.1.4.tar.gz
$ cp php-5.1.4.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf php-5.1.4.tar.gz
$ cd php-5.1.4
$ ./configure \
--prefix=/usr/local/php \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--with-mysql=/usr/local/mysql \
--enable-roxen-zts \
--enable-zend-multibyte \
--enable-track-vars \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex
$ make
$ sudo make install
$ sudo chcon -t texrel_shlib_t /usr/local/apache2/modules/libphp5.so
$ sudo cp php.ini-dist /usr/local/php/lib/php.ini
$ sudo vim /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
# 以下の行を追加
AddType application/x-httpd-php .php
# 以下にindex.phpを追加
DirectoryIndex index.html index.php

ハマリ所としてはlibxml2が必要なことと、SELinuxな人はPHPモジュール(libphp5.so)をApacheが読み込みできないこと。libxml2はパッケージからインストールしようとすると、他のモジュールがあれやこれや要ると言われるので、ソースからインストール。SELinuxを使っていなければ、chconコマンドの行は不要。configureオプションは毎度ながら適当なので、当てにしないこと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。