MySQL 5.0 インストール

なんとなく、FedoraCore5にMySQL5をインストールしてみた。同じ5だし。ということで、インストールのコマンドログをメモ。

$ sudo /usr/sbin/groupadd -g 501 mysql
$ sudo /usr/sbin/useradd -u 5001 -g mysql mysql
$ sudo /usr/bin/passwd mysql
$ cd ~/download
$ wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/Downloads/MySQL-5.0/mysql-5.0.22.tar.gz
$ cp mysql-5.0.22.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf mysql-5.0.22.tar.gz
$ cd mysql-5.0.22
$ ./configure \
--prefix=/usr/local/mysql \
--with-charset=utf8 \
--with-charset=ujis \
--with-extra-charsets=all \
--with-mysqld-user=mysql \
--with-mysqld-ldflags=-all-static \
--with-unix-socket-path=/tmp/mysql.sock \
--with-innodb \
--enable-local-infile \
--enable-assembler \
--enable-thread-safe-client
$ make
$ sudo make install
$ sudo chown -R mysql:mysql /usr/local/mysql
$ sudo vi /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe
# 以下の行をコメントアウト
echo "Starting $MYSQLD daemon with databases from $DATADIR"
$ su - mysql
$ cd /usr/local/mysql
$ mkdir var
$ cd var
$ ../bin/mysql_install_db
$ exit
$ sudo cp /usr/local/mysql/share/mysql/my-medium.cnf /etc/my.conf
$ sudo /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &
$ sudo /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -uroot password root
$ sudo /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -uroot -proot reload
$ sudo /usr/local/mysql/bin/mysql -uroot -p
mysql> set password for root@localhost = old_password('root');
mysql> use mysql
mysql> delete from user where user='';
mysql> flush privileges;
mysql> quit

内容はかなりいい加減。/usr/local/srcに書き込み権限があるのは自分マシンのお約束。Starting $MYSQLD…の行をコメントアウトするのは、起動時にメッセージを表示させないためだけ。あと、インストール後にやってるのは、旧パスワード対応と無名ユーザー削除。
configureオプションがMySQL4.0のときから引きずっているので無駄が多いけれど、自分マシンなのでほとんどそのままでインストール。業務でやるときはちゃんと調べましょう(To:自分)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。