算数・数学が得意になる本

読んでいる途中でエントリを書いてしまったけれど、読み終わったので改めてご紹介。

算数・数学が得意になる本 (講談社現代新書)

算数・数学が得意になる本 (講談社現代新書)

算数・数学の教科書の目次に出てきそうテーマがたくさんあって、それぞれのつまずきどころを紹介しているので、一つ一つ細かく探求するようなことはしていない。それだけに「前を理解していなければ次が理解できない」ということが少なくて読みやすい書籍ではないかと思う。
面白いと感じた部分を少し紹介すると、「0.999… = 1」が成り立つかという話に対して「0.333… = 1/3」の両辺3倍すれば良いという説明がほとんどだ、ということを指摘した上で、

この説明には「無限小数」の説明がありません。さらに、

とツッコミを入れるあたりは数学的見識が低い私にとっても新鮮で興味深い内容だった。引用の続きは実際に(上のアフィリエイトから購入して)書籍を手にとって読まれると良いかと思う。
次に読む本もすでにAmazonから届いているので、しばらく電車で退屈することはなさそうだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。