ログインしてログイン

SQL*PLUSで接続中に「!」を付けてコマンドを入力すると、ホストコマンドとして認識されるので、ファイルの確認などしたいときには多用する。
SolarisからSQL*PLUSで接続している時に、ふと思って「!sqlplus ****/****@****」と入力すると普通に繋がった。

SQL> !ps
PID TTY      TIME CMD
22735 pts/15   0:00 sqlplus
22736 pts/15   0:00 sqlplus

というようにちゃんと二重に繋がっている。当たり前である。この状態で

SQL> !su foo
Password:

とするとちゃんとシェルにスイッチした。飽きたので「exit」を4回入力して抜けたけれど、Windowsでもこういうこと出来れば思ったりする。WindowsServerはあまり知らないので、そういう機能もあるのかもしれないけれど、ログオフしてからログインするのでなく、そのまま別ユーザーでログイン出来ると嬉しい。環境変数を変更した時などはすぐに確認できる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。