Yahoo! UI Library でお勉強 その壱

Yahoo! USが公開したJavaScriptYahoo! UI Library)を見ていると知らない文法が結構ある。まだまだ勉強が必要そうだ。

var foo = {};

と書けば空のオブジェクトを生成することが出来る。応用で無名関数のreturnでオブジェクトを生成すると、以下のようになる。

var foo = function() {
return {
hello: function() { alert("HelloWorld") }
}
}();
foo.hello();    // HelloWorldと表示される

これでfooはhelloというメソッドが定義されたインスタンスになる。
他には

var foo = new Array();
var result = foo[10] || {};
alert( result );

知っていたら何てことないが、「 || {} 」というような表記が可能なことを知らなかった。上記のコードを実行するとfoo配列に10というインデックスが無いためundefinedとなりfalseと見なされ右辺が実行(つまり空オブジェクトが生成)される。「foo[10] = “HelloWorld”;」というコードが入っていれば、左辺が実行され「HelloWorld」と出力される。
あとはargumentsという変数。

function(a, b, c) {
alert( arguments.length );
}

関数の引数をarguments配列として使用可能でlengthによって引数の数を調べることもできる。
まだまだ色々な発見ができそうなので、しばらくはコードを追ってみたいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。