「小説家という職業 」を読んだ

小説家という職業 (集英社新書)

小説家という職業 (集英社新書)

あ、森博嗣のエッセイだ、と思って購入した。MORI LOG ACADEMYにも良く登場した話題が多いので、小説家にまつわる話のまとめという感じ。
小説家が小説をビジネスとして考える点についてはそれこそ他の業種で考えれば自然だろうと思う反面、自分がもし小説を書いたら他人の意見が気になって仕方がないだろうから、この本の主張を参考にするなら小説を仕事にするのは難しいだろうななどと想像した。

森博嗣の文章なのでいつも通り)文章が判りやすいのでスムーズに読めた。先週の日曜日にお昼頃読み出したら夕方前には読み終わっていたくらい。

副業やろうとするなら、どれくらい儲けられるかを考えて儲けるためにやるのがよろしいと自分も思う。