坂本真綾〜15周年記念LIVE「Gift」〜 に行ってきた

3月31日、坂本真綾が30歳になる誕生日。その日にライブがあると知って、しかもタイトルが「Gift」とあったので何としても行くべきだと思って行ってきた。

自分が坂本真綾を知ったのは高校生の時。ロードス島戦記-英雄騎士伝-のオープニングテーマ「奇跡の海」を聴いてすごいと思ってシングルCDを購入したのが始まりで、「約束はいらない」など過去のCDを(金銭的な意味で)頑張って入手した記憶がある。「Gift」は「奇跡の海」よりも古い曲で、そのときに集めたCDのうちのひとつ。

「Gift」には大好きな歌詞のフレーズが2箇所ある。

好きだよとたったひとことが言えたなら
暗闇さえ青空になるんだ

僕らから夢奪えば さまよえる未来のクズになる
目が覚めたら枕元 箱を開けなよ

そんな「Gift」がどこで演奏されるのかと思っていたら男らしく1曲目だった。入りのスネアとタムの音にテンションが上がった。

ライブ中はほとんどドラムばかり観ていた。席の都合上、表情とかを確認することは不可能だったので、テクニカルな動きを一番感じ取れるドラムを観ていて盛り上がった。そんな席にも幸運なことにピアノを見下ろせる絶好の位置(遠かったけど)だったので、菅野よう子のピアノを楽しむことができた。

MC長いとか曲選もうちょっととか色々思ったけど、本当に行けて良かったなと思う。自分自身が今年30歳になるので、一足先に30歳になる人をみれて良かった。このライブに行こうという気持ちを奮い立たせてくれた言葉を感謝の気持ちを込めてここに引用する。

@cloned あきらめたらそこで試合終了ですよと太った人が言ってた気がします。

http://twitter.com/iskw/status/8452135479

武道館は初めてだったけれど、音が抜けないから爆音は出せないのだなと思った。ハウリングしてしまうくらいだから音響的には辛そう。ライブ自体が本当に久し振りだったけれども、また機会をみつけて行こうと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。