ガンプラを組み立てた

最後に作ったのは恐らく大学生の時だっただろうから、もう5年ほど前の話だ。慢性的にガンプラを作りたいなと思っていたものの、先週どうしても作りたくなって週末にヨドバシカメラに物色しに行った。
30分ほどゲームホビー館のフロアを巡回してかなり悩んだ結果、ニューガンダム メタリックコーティングバージョンを購入した。実家に住んでいたときには必ず塗装していたのだけれども、今の家では厳しいので、出来上がりはとても不安だったものの冒険してみた。一体に6千円以上も支払うのもある意味冒険だ。
HI3B0028
HI3B0028 posted by (C)cloned
ミニ四駆などのように接着剤不要で非常にてきぱきと作業できたにも関わらず5、6時間ほどかかった。以前に比べてプラスチックの強度が上がったのか、細い部品を避けるようになったのか(恐らく後者)、部品を折ってしまったりすることはなかった。
HI3B0021
HI3B0021 posted by (C)cloned
プラスチックのメッキ感がやはり塗装したものよりも安物っぽく見えてしまうとはいえ、まずまずの見栄え。さすがはマスターグレード
HI3B0022
HI3B0022 posted by (C)cloned
股関節と脚に金属の部品を使っているため、持ったときの重量感があり、置いたときにも安定する。重みがあると少し高級感を感じる。
HI3B0023
HI3B0023 posted by (C)cloned
武器もちゃんとしていて、特にフィン・ファンネルがちゃんと可動式になっているところが素敵だなぁと思った。
HI3B0024
HI3B0024 posted by (C)cloned
可動部では、脚のピストン周りがちゃんと再現されているのも素敵だと思った。
HI3B0025
HI3B0025 posted by (C)cloned
色々と以前に比べて進化していて凄いなと思ったけれども、デカールが健在ということに少し驚いた。詳しくはデカール – Wikipediaとかをみるとして、普通のシールに比べると水分があるうちに位置を微調整できるし、気泡さえちゃんととればしわなどができにくくて見栄えも良い。ただ、結構貼るのが難しい。今時は別の方法でやっているのだろうと勝手に思っていたけれども、これは以前のままだった。
HI3B0026
HI3B0026 posted by (C)cloned
放置しておくと必ず埃がこびりついてしまうだろうから、こまめに拭き取るか、やはりディスプレイケースを購入するべきだろうか。
HI3B0027
HI3B0027 posted by (C)cloned
プラモデルを作るのが小さい頃から好きで、スプレーでの塗装などもよくやった。マスキングテープなどの必要な道具も色々と持っていた気がする。ガンプラも作ったけれども、戦闘機や戦車もよく作った。
7弦ギターも自分で色を塗ったので組み立てるとか色を塗るとかが好きなのだろうなと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。