「冷たい密室と博士たち」を読んだ

すべてがFになるを読んでからすぐに読み始めたはずだったのに大分と時間がかかってしまった。本を読む時間もあまりなかったのだなと思われる。
小説は物にも依るだろうけれども、発売後すぐでなくても新刊のように楽しめるところが好きだ。小説が好きな人からすれば今さら森博嗣という印象かもしれないけれども、今こうして手にとって読めるから全く問題ない。絶版になって手に入らないほどになるとまた話が違ってはくるだろうけれども。
本作品も例外なく前回の続きとして楽しく読み進めることができた。満足。

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。