auの「取扱説明書等のリサイクル」について

取扱説明書等のリサイクル活動対象店舗の全国拡大について
取扱説明書等のリサイクル活動対象店舗の全国拡大について〈別紙〉
どういった背景があってこういう取り組みをすることになったのかはピンとこないのだけれども、良いことなのだろうと思う。資源は有限なのだろうから。
これに合わせて、そもそも配布すべきかどうかも検討して欲しい。先日、機種変更をしたときの梱包は凄く無駄に思えたし、説明書が必要でない層も増えているのではないかと思う。例えば自分の場合であれば、「Web上にPDFの説明書もあります」といわれたら「でしたら紙媒体は結構です」と言うだろう。
製品としては説明書はあるほうが自然だから付けるなとは思わないけれども、そういった選択肢も用意してくれるとうれしいかなと思う。エコの意味合いもあるだろうし、単純にゴミが増えなくて良い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。