スカイ・クロラを読んだ

スカイ・クロラ (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)

スカイ・クロラ (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)

最近、森博嗣が多くなっているけれど、気にしないことにする。
夢で自分の頬を抓るというのを自分の兄が試して「痛かった」という話を聞いたときに、夢でも痛いのだったら今が夢かどうかを確かめることなんてできないではないか、と思った。
そのときは夢かどうかくらいにしか考えていなかったように思うけれども、中学生くらいのときに現実も同じであることに気が付いた。今が夢でないこともまた判らないのだと。
でも、最近は大体この手のことは棚に上げて生きている。もし夢なのだったら悪夢ではなくて楽しい夢の方が良いな、とは思うけれども、夢でも現実でも本人の意識にとってみれば大差のないことだと思うから。
この本を読んで、久しぶりにその辺のことが頭に浮かんだ。少々、感情移入してしまったのかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。