暗号解読を読んだ

id:ogijunさんのところで見つけてそのままクリックで即買いしたもの。

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

趣味としての面白さも勿論あるけれども、自分がまだまだ経験薄プログラマのせいか、RSA暗号のできるまでの歴史的なところが知れたのはとても勉強になった。正直言って、頻度分析ですらも「そういう手段があるのか」と感嘆してしまった。
自分は公開鍵と秘密鍵の仕組みを理解するのにとても苦労したのだけれども、この文章に出会っていたならば一瞬で理解していたかもしれないなとか思った。なので、この本は暗号解読の歴史に見る面白さという面と、現在我々が使っている暗号の仕組みを勉強できる意味との両方の意味でお勧め。

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

最後の方の量子力学のところは半分くらいしか理解できなかったので、また別の知識がついたら読み返してみたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。