スーパー技術者争奪戦を観た

Kazuho@Cybozu Labs: 「スーパー技術者争奪戦」

取材があったと書いてあったので、きっちり観てみた。サイボウズ・ラボのオフィスは確か前にもどこかの写真で見たことがあるのだけど、綺麗で広々していて羨ましい。うちの会社は狭い灰色の机が並んでるだけだから、かなり辛い。社長がパーティション嫌いっぽくてパーティションはないのだけど、あまりにも周りの人が近いので、自分はホワイトボードやらカレンダーやらを並べて人の顔が視界に入らないようにオレオレパーティションを作っている。仕事をする空間は本当に大切なんだけどなぁ(と愚痴ってみる)。
奥さんの言ってたことってまさに開発者なら思うよねってことだ。自分が「これいいんじゃないかな」と思ったことがやれる環境。そして、それが最高な環境だということ。つくば大学でGoogleの人を見たときにも同じようなことを感じたように思う(関係ないけれど、つくばのときに来てた人事の人がこの番組に出てた)。でも、これは売り上げを唯一の達成とする営業(偏見というより、そういう人が多いという意味で)の考え方と常にぶつかり合うものなんだと思う。営業頭でコテコテな人は、すぐに「好きなことやっていて儲けられたら苦労はしない」という発想を持つからだ。
私は決してそうではないと信じたい。「好きなことをやっていて儲けられるからこそ苦労はしない」のだと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。