SambaをGUIで入れたら書き込めない

Fedora Core 5にSambaをインストールした。初めてGUIからインストールしてみたら、confファイルの設定などもGUIで行えて「これは楽だなぁ」と思ってたのだけど、何故かWindows端末側に書き込み権限を渡せなかった。何度も書き込み可を選択して再起動とか色々やってみたけれど駄目だった。結局、SSHログインでmakeしてmake installしてから過去に持ち合わせているconfの設定を書いたら上手くいった。
Unix/Linuxには最終的にCUIが強力なので経験があればかなり融通が利くけれど、GUIオンリーな人にはまだまだ扱いにくいかもしれないなと思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。