Google Mars

JavaScriptエラーになるのが直ったので、Google Marsを触ってみた。使い勝手はGoogle ローカルとほぼ同じ。
Google ローカルでは「マップ、サテライト、デュアル」という表示モードがあるところが、Google Marsでは「Elevation(立面図)、Visible(可視)、infrared(赤外線)」となっていていかにも星の地図らしい。
Google Moonもあることだし、次はGoogle Galaxy(銀河系)でもリリースされるのだろうか。銀河系の地図もいいけれど、プラネタリウムのような星座図があると、少し理科の授業が楽しくなるかもしれない。
もしGoogle GalaxyがリリースされてAPIが公開されたら、ガンダムのコロニー配置図を作ることにしよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。